Top > 日産 エクサ キャノピー L.A.Version Type S '88
  • 総排気量:1598cc
  • 最高出力:120ps(120ps)/6400rpm(6000rpm)
  • 最大トルク:14.00kgfm(14kgfm)/5200rpm(5200rpm)
  • 駆動形式:FF
  • 全長:4230mm
  • 全幅:1680mm
  • 全高:1295mm
  • 車両重量:1070kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.1,430,600(走行距離6806km)
  • Lv:0
  • PP:338(345)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:エアロパーツ装着不可

  • 小型クーペの2代目エクサのキャノピー仕様。リトラクタブルライトとテールランプが特徴的。
    このL.A.Ver.タイプSというグレードは、ビスカスLSDを標準装備している。
  • 当時フェアレディZで人気を博していたTバールーフを標準装備。
    もともとクーペとキャノピー(ステーションワゴン)で別々に販売されていたのだが、リアハッチの形状以外はすべて共通だったため、クーペハッチとキャノピーハッチでいわゆる『着せ替え』が出来る設計にした。
    当時、北米ではオプションパーツとしてそれぞれ販売していた(しかし高額だった)のだが、日本では法令の関係上、販売が認められていなかった。その後、北米でもハッチの落下事故が多発したことにより販売途中でカタログ落ちした。
  • しかし、工業製品としての評価は高く、1987年には米国工業デザイナー協会主催米国工業デザイン優秀賞、
    カナダではカナダモータージャーナリスト協会主催カナダ・カー・オブ・ザ・イヤー、
    1986年〜1987年の日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会日本カー・オブ・ザ・イヤー、
    1987年に通商産業省選定グッドデザイン賞輸送機器部門大賞受賞と、数々の賞を受賞している車でもある。
  • 余談だが、Tバールーフによる剛性不足を考慮してボディー剛性を高くしてある。
    足回りもやや硬かったため、ハンドリングはかなり良かったとか。
  • 後継モデルとして、「NXクーペ(GT5未収録)」というモデルが存在したが、北米向けのデザインは国内では不評で、日本で見かけることはごく稀である。

  • カラーバリエーション:
    Gray Metallic,Black,Silver Metallic,Crystal White,Super Red,Cranberry Red Pearl



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-19 (金) 03:23:10 (1105d)