Top > ミニ ミニ クーパー S カントリーマン '11
  • 総排気量:1598cc
  • 最高出力:184ps/5500rpm
  • 最大トルク:24.50kgfm/1600-5000rpm
  • 駆動形式:FF
  • 全長:4110mm
  • 全幅:1789mm
  • 全高:1561mm
  • 車両重量:1310kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.3,450,000
  • Lv:1
  • PP:390
  • 追加条件:Ver.2.03以降かつカーパック3購入
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:エアロパーツ装着不可

MINI-COOPER-S-COUNTRY11-1.jpg
MINI-COOPER-S-COUNTRY11-2.jpg
  • 2代目BMW製ミニの派生モデルであるカントリーマンは、MINIシリーズ第4のモデルである。
    市販モデルの発表は2010年1月で同年10月に販売を開始、日本仕様はやや遅れて2011年1月から販売開始となった。
    メカニズム的にはベースモデルと同一なので、詳細はクーパーSを参照のこと。
    なお、商標権の問題から日本では車名を変えてクロスオーバーの名で販売される。
  • 2008年のパリサロンで発表された「MINIクロスオーバー」や2010年1月のデトロイトモーターショーで発表された「MINIビーチコマー」といったコンセプトカーが源流となる本モデルは、MINIとして初となる5ドアハッチバック、初の3ナンバー車、初の4WD仕様をラインナップに加える初物尽くしのモデルとなった。
    また、日本仕様のみ立体駐車場に収まるサイズ(全高:1550mm)に抑えられているということである。
  • 遅かれ早かれMINIに4ドアモデルが追加されると予想していた人々にとっても3ナンバーボディでデビューしたカントリーマンは想像を裏切る結果であった。
    特に1.8mに達しそうな全幅は、これのどこがミニなのだとマーケットから言われてもしょうがないだろう。
    しかしゴーカートのような走りは先代ミニから強く継承しており、ミニの進化が感じられる一台である。
  • 余談だが、この車には3ドアハッチバック仕様以外に唯一の「ONE」というグレードが設定されている。
    1.3t超ある車体をわずか98馬力のエンジンが動かしている。
  • さらに、2012年9月には、このモデルをベースに3ドア化した第7のモデルペースマンが発表された。
  • 2011年よりX-レイドラリーチームの手によりラリーレイドに参戦、2012、2013年とダカールラリーにてステファン・ペテランセルの手により総合優勝を飾っている。
    最も、車両自体はBMW・X3(未収録)のラリーレイド仕様にミニ・カントリーマンの外装をまとった物、だったらしいが。
  • 同じく2011年からBMWのワークス待遇のもと多くのレースカテゴリで名を馳せたプロドライブの手によりミニ・カントリーマンはWRCに参戦を開始、テスト参戦と位置付けられた初年度に2度の表彰台を射止めるなどいきなり速さを見せ、フル参戦となった2012年シーズン開幕戦モンテカルロラリーで2位表彰台を射止める好発進を見せた・・・が。
    残念ながらその後に契約の拗れからかBMWからのワークス体制が解消してしまい、現在ミニWRCはプライベーターエントリーとして活躍中である。

  • カラーバリエーション:Light White,Light White/Black stripes,Crystal Silver,Crystal Silver/Black stripes,Royal Grey,Royal Grey/Black stripes,Absolute Black,Absolute Black/White stripes,Bright Yellow,Bright Yellow/Black stripes,Light Coffee,Light Coffee/White stripes,Pure Red,Pure Red/Black stripes,Surf Blue,Surf Blue/White stripes,True Blue,True Blue/White stripes,Cosmic Blue,Cosmic Blue/White stripes,Oxford Green,Oxford Green/White stripes


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 07:50:41 (769d)