Top > トヨタ ヴィッツ RS 1.5 '07
  • 総排気量:1496cc
  • 最高出力:110ps(107ps)/6000rpm(6000rpm)
  • 最大トルク:14.40kgfm(13kgfm)/4400rpm(4400rpm)
  • 駆動形式:FF
  • 全長:3800mm
  • 全幅:1695mm
  • 全高:1520mm
  • 車両重量:1070kg
  • 重量バランス:63対37
  • 価格:Cr.1,638,000
  • Lv:0
  • PP:332
  • 備考:トランスミッションは7速
  • 備考:エアロパーツ装着不可

Vitz-RS-1.jpg
Vitz-RS-2.jpg
  • 2005年2月1日に発売された2代目モデル。このモデルから、北米でも販売が開始された。
    パッソが誕生したためトヨタ最小モデルの縛りから抜け出したことや、コンパクトカーの質が向上したためユーザーのニーズが変わったことなどから、先代モデルよりボディサイズが一回り大きくなり居住性や衝突安全性が向上している。
  • 「2代目に金をかけすぎたから3代目が安っぽくなった」と言われるほど開発費がかけられており、装備内容はコンパクトカーとは考えられない内容となっている。
    しかし先代で好評だったティアドロップ形状のヘッドライト通称「涙目」の廃止や、スポーツグレードRSと4WD車以外にMT車が無くなったこと*1、日本国内ではボディタイプから3ドアが無くなったことなどは残念である。
  • GT5の収録モデルである「RS」は5速マニュアル車を設定しているスポーツ・グレードである。おそらく2007年8月のマイナーチェンジ後のモデルだと思われる。
    RS以外ではRS TRD Racingもラインナップされた。TRD Racingはヴィッツレース参加用のモデルであり、足回りの強化やレース用の保安部品装着だけでなく強化クラッチやLSDも標準装備となっている。
    • にも関わらず何故か収録されたのは7速MTモードを備えたCVT仕様。多くのMT派をがっかりさせた。
  • 2007年8月に初のマイナーチェンジ。
    デュアルエアバッグ、カーテンシールドエアバッグを全車標準装備とし安全性を向上。RSのCVT車にパドルシフトが採用された。
    このマイナーチェンジで先代ヴィッツ RS ターボの後継となるTRD ターボ Mが追加。先代から30psアップとなる180psとなり先代同様に排出ガス規制の枠から外れる異端児である。
    サスペンションの設計を1からやり直すなど車両本体221万円の価格に相応しいマシンである。2008年のマイナーチェンジでさらに足回りが強化され、さらなる「走る楽しさ」が追及された。
  • 2010年12月22日に3代目となる現行モデルにバトン・タッチされた。

  • 余談だが、Netz Cup Vitz Raceというヴィッツのワンメイクレースが2000年より毎年開催されている。
    Vitz RS ”TRD Racing”とA級ライセンスがあれば誰でも参加ができ、車を改造する必要などが無いことから人気は高い。

  • カラーバリエーション:Super Red V,Blue Mica Metallic,White,Medium Silver Metallic,Dark Gray Mica Metallic,Black Mica


*1 初代ヴィッツは全グレードに5速MTの設定があった。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 04:10:44 (823d)