Top > S2000 '99
分類性能
メーカー/国籍ホンダ/日本総排気量1997cc全長4,135mm
カテゴリー1N200最高出力246PS/8,000rpm全幅1,750mm
カテゴリー2ノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク22.1kgfm/7,500rpm全高1,285mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,240kg
年式1999吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.3,400,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

s2000_99.jpg

  • 1995年の東京モーターショーに出展された、2シーターのオープンスポーツコンセプトカー「SSM」。
    このS2000はS800以来、実に29年ぶりとなる「Sシリーズ」であると共に、久々のFRモデルでもある。
  • オープンカーながらスポーツカーと同等の剛性を確保するため、「ハイXボーンフレーム」と呼ばれる構造を採用。
    閉断面の大型フロアトンネルと前後のサイドメンバーとを水平に繋ぐもので、クローズドボディ以上の剛性を確保した。
    ボンネットの素材にはアルミニウムを採用しており、重心の低下と車体の軽量化にそれぞれ寄与している。
  • 搭載されたエンジンは、直列4気筒としては史上最高の自然吸気エンジンと名高い「F20C」。
    リッターあたり125psを叩き出す高性能を誇っており、レブリミットは9000rpmを許容する高回転型エンジンであった。
    これに組み合わせられるトランスミッションは6速MTのみであり、ATは最後まで用意されなかった。
    ここまでの内容を持ちながらホンダ伝統のType Rは設定されず、Type Rの要求水準の高さも当時は話題となった。
  • 収録モデルのS2000は最初期型。足回りの調整が硬く、ユーザーからは「ピーキーで扱いにくい」等と評された。
    当初はモノグレードで販売されたが、2000年に追加グレードとして可変ギアレシオステアリングを装備した「Type V」を用意。
    足回りのセッティングを標準グレードよりも柔らかくし、扱いやすいマイルドな特性へと進化している。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 30 Apr 2022 04:07:31 HADT (58d)