Top > ドライビング スクール > レッスン9~16

レッスン9 コーナーでの速度コントロール・1 Edit

レッスン8のセクションを、少し速いクルマで走ってみましょう。クルマが速くなったのでアクセル全開のままでは曲がれません。
ブレーキで外側に膨らみ、コースアウトしてしまいそうになったら、アクセルを緩めたり、ブレーキを踏んだりして減速します。
「曲がれないと思ったら減速」という感覚を身に着けましょう。

レッスン概要
走行形式クリア条件失格条件
単独講習ブロンズ以上コースアウト
壁との接触
レッスン詳細
スターティンググリッド使用車種使用タイヤ
---シロッコ Gr.4レーシング・ハード
使用コース・賞金Cr.
使用コース周回数ゴールドシルバーブロンズ総額
ブランズハッチ GPサーキット---340,000190,00010,000540,000
  • 備考

レッスン10 コーナーでの速度コントロール・2 Edit

このレッスンで走るコーナーは、アクセル全開では曲がれません。そこで大切になるのが、アクセルを使った速度のコントロール。
クルマが外側に膨らむ動きを見せたらアクセルを緩め、それが治まったら再びアクセルを踏み込みます。
このとき、ステアリングを切る角度を一定にしておくと、アクセル操作によるクルマの動きの変化がよくわかるでしょう。
コースアウトしないように、クルマを走らせてみましょう。

レッスン概要
走行形式クリア条件失格条件
単独講習ブロンズ以上---
レッスン詳細
スターティンググリッド使用車種使用タイヤ
---TT Cup '16レーシング・ハード
使用コース・賞金Cr.
使用コース周回数ゴールドシルバーブロンズ総額
京都ドライビングパーク・山際---310,000210,000110,000630,000
  • 備考

レッスン11 コーナーでの速度コントロール・3 Edit

アクセルによる速度コントロールで、コーナーを曲がってみましょう。
クルマが外側に膨らむ動きを見せたらアクセルを緩め、コースアウトしないように速度をコントロールすることが大切です。
「曲がれないと思ったら減速」を思い出して、アクセルオフで速度をコントロールして曲がりましょう。

レッスン概要
走行形式クリア条件失格条件
単独講習ブロンズ以上---
レッスン詳細
スターティンググリッド使用車種使用タイヤ
---アテンザ Gr.4レーシング・ハード
使用コース・賞金Cr.
使用コース周回数ゴールドシルバーブロンズ総額
京都ドライビングパーク・雅---400,000220,000120,000740,000
  • 備考

レッスン12 コーナーでの速度コントロール・4 Edit

レッスン11に続いて、アクセルによる速度コントロールを学びましょう。
後半に角度がきつくなるコーナーでは、出口でコースアウトしやすくなります。
コーナーに入ったら、出口にさしかかる前にアクセルを緩めます。
クルマが出口を向いてからアクセルを踏み込んで加速し、コーナーを脱出します。
ポイントは、コーナーの角度がきつくなる手前でアクセルを緩めること。ここでも、「曲がれないと思ったら減速」を思い出してください。

レッスン概要
走行形式クリア条件失格条件
単独講習ブロンズ以上---
レッスン詳細
スターティンググリッド使用車種使用タイヤ
---メガーヌ Gr.4レーシング・ハード
使用コース・賞金Cr.
使用コース周回数ゴールドシルバーブロンズ総額
ウィロースプリングス・レースウェイ ビッグウィロー---430,000240,000130,000800,000
  • 備考

レッスン13 コーナーに入る前に減速しよう・1 Edit

コーナーに入る前に減速を終わらせる練習をしましょう。
コーナーへ入る速度が速すぎると、曲がりきれずにコースアウトしてしまいます。
そうならないために、コーナーに入る手前で減速を完了させましょう。
コーナーへはブレーキを放した状態で入れるよう、しっかり減速することがポイントです。

レッスン概要
走行形式クリア条件失格条件
単独講習ブロンズ以上---
レッスン詳細
スターティンググリッド使用車種使用タイヤ
---マスタング Gr.4レーシング・ハード
使用コース・賞金Cr.
使用コース周回数ゴールドシルバーブロンズ総額
ウィロースプリングス・レースウェイ ビッグウィロー---460,000260,000140,000860,000
  • 備考

レッスン14 コーナーに入る前に減速しよう・2 Edit

レッスン13に続いて、直前部分で減速を完了させる練習をしましょう。ブレーキング開始の目印にするのは、コース脇のマーカーボード。
コーナーまでの距離を示すこのボードで、何メートル地点からブレーキを開始したかを覚えておきましょう。
サーキットにはマーカーボード以外にも縁石やガードレール、看板など、目印になるものが沢山あります。
これらを目印として積極的に使いましょう。

レッスン概要
走行形式クリア条件失格条件
単独講習ブロンズ以上---
レッスン詳細
スターティンググリッド使用車種使用タイヤ
---ヴェイロン Gr.4レーシング・ハード
使用コース・賞金Cr.
使用コース周回数ゴールドシルバーブロンズ総額
ドラゴントレイル・シーサイド---490,000270,000150,000910,000
  • 備考

レッスン15 コーナーに入る前に減速しよう・3 Edit

ハイスピードから急減速して、コーナーにアプローチする練習をしましょう。基本はこれまでと変わりません。
マーカーボードを目印にしてブレーキを踏み込み、直線部分で減速を完了させてコーナーに進入します。
大切なのは、ブレーキは一度にしっかり踏むことと、踏み直さないこと。
ブレーキを優しく踏んだり、早く踏みすぎたからといって、緩めて踏み直したりしてはいけません。
踏み直すと制動距離が長くなり、タイムロスを招きます。ブレーキは一気に踏み込むことを心がけましょう。

レッスン概要
走行形式クリア条件失格条件
単独講習ブロンズ以上---
レッスン詳細
スターティンググリッド使用車種使用タイヤ
---ヴァンテージ Gr.4レーシング・ハード
使用コース・賞金Cr.
使用コース周回数ゴールドシルバーブロンズ総額
レイク・マジョーレ・サーキット GP---500,000290,000160,000950,000
  • 備考

レッスン16 コーナーに入る前に減速しよう・4 Edit

これまでと同じく、直線部分で減速を終わらせる練習です。
タイヤのグリップ力を考えると、ブレーキは、クルマが真っ直ぐ走っている状態で行うことが理想的です。
効率よくブレーキを使うために、コーナーに入る前に減速を終わらせましょう。
縁石やガードレールなどで目印をつくり、ブレーキを踏むタイミングを探りながら走ってみましょう。

レッスン概要
走行形式クリア条件失格条件
単独講習ブロンズ以上---
レッスン詳細
スターティンググリッド使用車種使用タイヤ
---Fタイプ Gr.4レーシング・ハード
使用コース・賞金Cr.
使用コース周回数ゴールドシルバーブロンズ総額
ブランズハッチ GPサーキット---550,000310,000170,0001,030,000
  • 備考



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 04 Jul 2019 15:27:57 HAST (1302d)